ピアスタッフとして働くヒント -精神障がいのある人が輝いて働くことを応援する本-

 お久しぶりです。hiroです。少し時間が取れるので、今回は本の紹介です。

 「ピアスタッフとして働くヒント -精神障がいのある人が輝いて働くことを応援する本-」が発売され、先日、読了いたしました。複数の章があるのですが、1つの章を複数の執筆者で書いており、ページ数が多くないので、電車通勤中に読むにはありがたい構成でした。
 「ピアスタッフ」に関しては、色々とご意見があると思います。個人的には最後の座談会で宮本先生が話されていた、「究極的にはピアスタッフは必要ではなくなる。つまりピアスタッフがいるかどうかに関わらず利用者の気持ちに添うよいサービスが提供されるようになるのがベスト」という言葉に、「いつか自分のような仕事がなくなっても、いいサービスがどこでもうけられるようになる」という自分の考えと通じるものを感じました。
 興味のある方は、ぜひ、お手にとってみてください。

ピアスタッフとして働くヒント -精神障がいのある人が輝いて働くことを応援する本-
ピアスタッフとして働くヒント -精神障がいのある人が輝いて働くことを応援する本-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント