hiroの図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS ボランティア学習を拓く会 第20回教師と市民のためのボランティア学習セミナー

<<   作成日時 : 2016/12/15 12:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルのイベントのご案内になります。以前、当ブログで紹介いたしました「リブラフ」も出ております。興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。なお、下記はFacebookページ第20回教師と市民のためのボランティア学習セミナーからの転記情報になります。

ボランティア学習を拓く会  第20回教師と市民のためのボランティア学習セミナー
「広げよう! ネットワークの輪」実施要項

1.目的
 ボランティア学習は、人とのふれあいや自然とのふれあいを通して、地域社会や地球社会にある多様な課題を知ることにより、自己の成長と共生・共存のできる社会をつくるために寄与することが期待される社会体験学習です。また、その学習の対象となる社会課題は、社会福祉、教育、文化、スポーツ、国際文化と協力、自然と環境、保健医療、消費生活、人権、平和、地域の振興など、多様です。
 当会は、ボランティア学習に関心のある人、地域社会で様々な活動を実践している人、これから一歩踏み出そうとしている人たちが同じ場に集い、1997年1月の発足から現在までボランティア学習を通して、ともに考え、学びあう機会を深めてきました。
 今回のセミナーでは、ボランティア学習に関心のある方、地域社会の活動に関心のある方が集い、ともに学び、交流を深めていただくため、多彩な活動を実践している方々とのディスカッション、ポスターセッション、ブレインストーミングを企画しました。
 多くの皆さんのご参加をお待ちしております。
2.日時 2017年1月21日(土) 10:00〜16:00(受付:9:30〜10:00)
3.場所 かでる2・7 1040会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)
   ※地下鉄南北線「さっぽろ駅」又はJR「札幌駅」<南口>より徒歩15分程度
4.参加対象
ボランティア学習に興味関心のある市民・学生
5.参加費 500円(資料代) ※当日受付にてお支払いください。
6.プログラム内容
[1] 開会行事(10:00〜10:15)(15分間)
  アイスブレーキング: はじめに、参加者同士のコミュニケーションを深めるために簡単な自己紹介を行います。
 ファシリテーター:大島 新人(ボランティア学習を拓く会)

[2] 企画T(10:15〜11:45)(90分間)
フィッシュボール・ディスカッション「ボランティア活動最前線からのアプローチ〜今、札幌で輝いている実践者からボランティア学習への期待を聴く〜」
 多様なニーズに対応し、多岐にわたるボランティア活動が展開されている時代を迎えました。札幌市内で、現在活躍中の3名の実践者を迎え、それぞれのユニークな活動を発表いただきます。そして、参加者と交流する中で、これからのボランティア学習のあり方のヒントを得たいと考えています。
 コーディネーター:設楽 正敏(ボランティア学習を拓く会)
 ゲ ス ト:大崎 美佳 氏(札幌国際協力フェスタ2016実行委員長)
      中岡 萌 氏(南富良野町災害復興ボランティア)
      綿谷 吉晃 氏(北白石小・中学校おやじの会 会長)

[昼休憩](11:45〜12:45)昼食は各自でご用意下さい。

[3] 企画U(12:45〜14:40)(115分間)
ポスターセッション「ボランティア学習アベニュー」:パネラーの出店方式で、日頃の活動内容の発表、ミニ実習などを行います。 参加者は、自分の興味関心のあるパネラーのコーナーへ行き、話を聞いたり、ミニ体験などをします。
 コーディネーター:伊藤 徹(ボランティア学習を拓く会)
 パネラー(予定):
  「大学生が地域で出来ること」
木村 侑平 氏(北海道文教大学ボランティアサークル代表)
  「デートDV予防の実践」
竹内 真子 氏(DV心のケアhorohoroファシリテーター)
  「「食」を通した地域支援のあり方」
富樫 昌之 氏(地域(まち)で楽しく暮らすネットワーク)
  「帯ろう幼稚部はこんなところ!」
米田 未来 氏(帯広聾学校教員)
  「がん・メンタルヘルスリワークセンターLive-Laughの活動」
リブラフ職員(がん・メンタルヘルス リワークセンター リブラフ)
[4] 企画V(14:50〜15:50)(60分間)
 ブレインストーミング「みんなで語ろう!ボランティア学習!」: 今日1日を振り返り、ボランティア学習の限りない可能性を探求します。
 ファシリテーター:二階堂 洋子(ボランティア学習を拓く会)

[5] 閉会行事(15:50〜16:00)(10分間)

7.交流会  終了後、16:30から会場近くの居酒屋で交流会を予定しています。お気軽にご参加ください。
 参加自由です。交流会の会場は当日連絡いたします。
 交流会参加費は別途徴収いたします。(交流会参加費:一般3,500円、学生3,000円程度)
8.参加申し込み先  ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
■参加締め切り :2017年1月18日(水)必着
■参加申し込み先:
お問い合わせおよび参加申し込み先は、FAXまたはE-mailのみの受付となっております。
 (1)FAX:011-788-6144(コミュネット楽創 総務部 本多宛)
 ※必ず、宛先に「コミュネット楽創 総務部 本多」としてください。
 ※FAXのお申し込みに対する受付確認の返信は行っていません。ご了承ください。
 ※お電話の受付は、お受けかねますのでFAXにてお願いします。
 (2)E-mail:hiraku_hp_kanri@hotmail.com (ボランティア学習を拓く会) ※メールの返事にお時間をいただくことがあります。ご了承ください。

9.当会について 「ボランティア学習を拓く会」は、教師のみではなく、一般社会人の方や学生の方、様々な社会福祉施設の方々とともに、ボランティア学習をざっくばらんに語り合い、学び合い、視野を広げながら、学びの世界を拓く(開拓する)ことを目的として、1997年1月25日に発足しました。
現在は、2ヶ月に1度の例会(参加者による実践報告や情報交流など)や、年1度のセミナーを行いながら、ボランティア学習の可能性について学んでいます。

【ボランティア学習を拓く会 ホームページ】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボランティア学習を拓く会 第20回教師と市民のためのボランティア学習セミナー hiroの図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる